ブログカレンダー

2017年3月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

最近のコメント

    プロフィール

    株式会社レコメンド
    会社設立2009年10月6日

    2009年11月 引越し見積もりガイド運用開始

    引越し業者のサービス

    引越しを頼む際に料金以外に考えなければいけないのがサービスです。
    料金が安く行えることにはこしたことはないのですが、オプションが高すぎては意味がありません。

    * ガムテープ
    * ダンボール
    * ハンガーボックス
    * ふとん袋:
    * ダンボール引取り
    * 家具移動サービス

    これらを無料でやってくれるところもあれば有料のところもあります。よく注意しておきましょう。
    無料だけではなくエアコンの脱着作業等を安くやってくれるところなどもあります。

    用語集(や行)

    ・養生
    荷物、公共物などが傷つかないように防護シートを貼ること。

    ・約款
    引越しをする際のルールで、引越し業者はかならずこれを提示しなければならない。正式名称は標準引越運送約款という。

    用語集(ま行)

    ・見積もり
    引越しの料金を決定するために行うもの。立地条件や、荷物の量によって金額が変わる。安く行うためには一括見積もりを行うと良い。

    ・窓吊り
    一戸建てなどで大型家具の搬入の際に窓から搬入すること。

    ・緑ナンバー
    輸送をするために必要な緑色のナンバープレート。引越しする際は緑ナンバーかどうかの確認もしておいた方が良い。

    引越しの見積もり料金の値切り方

    今までは色々な引越し屋さんの状況に合わせて、引越し料金を安くする方法を紹介してきました。
    では、さらに安くしたい場合はどうするか?

    まず引越し一括見積もりをとります。
    ここまでは普通なのですが、何社かに訪問見積もりにきてもらいましょう。

    そこで各、引越し会社さんが営業をしてくるのですが、他の引越し会社さんと比較していることを伝え、引越し会社さんに他より安くしてほしい営業をします。

    これは引越しだけに限らず、どの業界でも比較されたサービスが他社より劣るのは非常に苦しいものです。
    一番安い方法は自分で獲得することです。

    用語集(は行)

    ・搬出
    住居や事務所などの荷物・家具などを積み込む作業のことをいう。

    ・搬入
    引越し先の新居や事務所などに荷物・家具などを運び入れる作業のことをいう。

    ・フリー便
    引越し日のみ指定し、作業開始時刻は引越し前日まで未定。料金が安くなることが多いのでできるだけ安くしたい人にお勧め。

    ・繁忙期
    引越し業者が忙しくなる時期、3月中旬から4月中旬ぐらいまでがピーク。引越しの見積もりは1月中旬から3月中旬に多い。

    用語集(な行)

    ・荷造り
    引越しの荷物をダンボールに箱詰め作業のこと。割れ物や傷つけたくない物を保護したり、運び易い形にとりまとめる作業。荷物の量によってきれいしておけば引越し料金が安くなる可能性もありです。

    ・二箇所降ろし/積み
    搬入する場所が二箇所(複数)ある引越しのことをいう。引越しの荷物の一部を倉庫へ保管する場合など。
    立ち寄りとも言う。

    風水(その他)

    玄関には、お花を飾りましょう。
    インテリア風水の中で、玄関はいちばん大切です。
    清潔に保ち、靴はなるべく下駄箱にいれましょう。
    何事においても、整理整頓が一番大事です。
    大変ですが、できるかぎり毎日お花や、植物は飾ってください。
    良い運が入ってきます。

    居間明るめの落ち着いた色を使い、過ごしやすい空間を演出してみてください。緑やベージュ、茶色など、落ち着く色を取り入れるのもいいでしょう。また、恋人や夫婦、家族の記念写真などを飾っておくのもよいでしょう。

    キッチンは金運アップに重要な影響を及ぼす場所と考えられ
    ています。常に掃除をし、清潔にしておきましょう。
    また、西の方位に黄色いものを置くと良いと言われますが、キッチン用品に黄色を取り入れるのも金運アップに繋がります。又、白を取り入れてもよいでしょう。

    トイレやお風呂など、汚れた水が流れる場所は、「不浄=けがれている」とされています。
    明るい色を使って、暗い色はなるべく使わないようにしましょう。
    トイレは健康運に影響しますので、いつもきれいにしておいてください。

    風水(枕の向き)

    北枕
    昔から,北枕は良くないと聞かされていました。
    みなさんは信じていますか?
    本当はそんな事はなく、北枕は体に溜まった悪い気を出してくれるので健康管理の上で理想的な寝方といえるでしょう。また、金運も上昇します。

    東枕
    東枕は、「若返り枕」とよばれ、東枕で寝ると、だんだん若々しくなりやる気や行動力がつきますので仕事で疲れている人にはおすすめです。

    西枕
    人を落ち着かせる特徴がありますので、イライラしやすい方にはおすすめですが、若い方が西枕で寝るとやる気をなくしてしまったり、疲れを感じてしまう事もあるので気をつけて下さい。

    南枕
    残念ですが、一番おすすめできない方位です。
    南の方位で寝ると、イライラして怒りっぽくなったりなるようです。
    疲れが取れない事もあるので他の方位をお勧めします。
    もし、枕の向きを変えれないようなら白ベースの枕カバーや落ち着く色を近くに置いてください。

    風水(色編)

    「風水」は「風を読み、水の流れを読む」事を意味しています。
    風水術の中には土地を見る「地理」、家相を見る「陽宅」、墓相を見る「陰宅」があります。
    ここでは、引越し先のお家に役立つ風水の色による運気の変化をご紹介したいと思います。
    あなたの好きな色にはどんな効果があるのでしょうか?色そのものが持つ、パワーを知って上手に取り入れましょう。より快適なお部屋で過ごしましょう。


    情熱的で、強い意志の持ち主。
    お部屋に赤色を使うと.・・・エネルギーが満ちる色ですので、活力を得ることができます。
    更に、東に赤で仕事運と健康運で上昇します。
    仕事運UP・発言力が増す


    知的な青お部屋に青色を使うと・・・落ち着く色ですので、感情を安定させるのに向いています。
    仕事運と仕事に必要な才能運を高めてくれるパワーがあるようです。
    仕事運UP・若さを得る

    黄色
    明るい人。 金運UP・楽しい気持ちになる。
    お部屋に黄色を使うと・・・ハッピーな気持ちになれる色なので、明るい気持ちを保ちたい人向き黄色は『金運』を司る色


    センスの良い人。
    お部屋に緑を使うと・・・気持ちが落ち着く色なので、リラックス効果が得られます。
    健康運のグリーンは風水の重要カラーです。
    健康運UP・気持ちを落ちつかせる働きがある
    お部屋で植物などを育ててみてはどうでしょうか?


    とにかく清潔さあふれる、洗練された人
    キレイ好きの人にお勧め。気を調整する・物事の始まりをスムーズにさせる。

    ピンク
    愛情豊かな人
    お部屋にピンクを使うと・・・恋愛運を上げる色なので、恋をしたい人向き、人間関係を育むピンク。
    又、「幸福」を色で表すならばと問い掛けるとピンク色と答える人が各国共通で多いそうです。
    この様にピンクはやすらぎ・リラックス・健康・愛・開放感・幸福感を表します。
    恋愛運UP・気持ちを明るくさせる


    高い理想を持った人
    お部屋に紫を使うと・・・感性を刺激する色なので、芸術家タイプにお勧め紫は特に日本では意味合いの強い色として昔から使用されてきました。
    例えば、聖徳太子が制定した冠位十二階(身分制度)では最高位の色を紫と定めています。
    紫式部が生きた平安の世では貴族階級に紫色が珍重されました。
    その為この色は、高貴、気高いと言うイメージを持っています。


    土・大地・木
    全てのいきもの食物連鎖の底辺をささえている、つまり全ての生命の母胎と言える大地。
    かなり、落ち着くお部屋になると思います。
    健康運UP・気持ちを落ちつかせる

    用語集(た行)

    ・大安
    引越しでは一番の人気日となる。六曜で言うところの最も吉とされる日。引越しや婚礼などが大安の日に行われる事が多い。引越しの見積もりは高くつく場合が多い。

    ・チャーター便
    一軒分の荷物のみを積んで移動する引越しのこと。貸し切り便ともいう。近距離の引越しはほとんどがこのスタイル。

    ・吊り上げ作業
    大型の家具など、建物内からの搬入、搬出が難しい場合に、外部から吊り上げ・吊り下げを行う作業のことをいう。主にベランダなどからクレーンで吊上げて行う。

    ・トランクルーム
    国土交通省から認可を受けた事業者が運営する貸し倉庫のこと。普段使わない荷物などを収納し、その保管事業者をいう。