ブログカレンダー

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近のコメント

    プロフィール

    株式会社レコメンド
    会社設立2009年10月6日

    2009年11月 引越し見積もりガイド運用開始

    雨の日の引越し

    引越の予定日が雨になってしまったとき、自分たちで引越作業をする場合は、どんな準備をすればいいのでしょうか。理想的なのは、荷台に幌のついた車を用意しておくこと。それが難しい場合は、防水用のビニールシートを準備しておくとよいでしょう。

    車への荷物の積み込みや荷下ろしの際も雨に濡れる可能性があるので、荷物の防水対策をしておくことが重要です。特に注意したいのは、電化製品や桐タンス、ベッドマット、布団など。電化製品は水に濡れると故障の原因になるので、ビニールやエアキャップでしっかりと梱包しましょう。段ボールは、紙製ではなくプラスチック製を使うのもおすすめ。濡れて破れたり底が抜ける心配がないので、大切な荷物を安全に運ぶことができます。また、搬入した荷物を濡れたまま放置しておくと、畳やフローリングのシミ・色落ちの原因となることがあるので、玄関先に乾いたタオルを用意し、新居に運び入れる前に雨を拭き取るようにしましょう。

    雨の日対策は、引越当日に行っていたのでは間に合いません。特に梅雨の時期は、雨天を前提に準備しておくといいですね。

    転居先でのレイアウト

    まず絶対に最初に確認しておきたいことは、転居先の電気コンセント、テレビ配線口、電話線差し込み口の位置チェックすることです。

    コンセントの近くに家電をおく場合、配線ケーブルや延長コードも最初に用意しておくとよいでしょう。
    部屋の見取り図などがあれば作業もスムーズに行えます。

    ● 窓側には、できるだけ背の低い家具を。
    窓側に背の高い家具があると、人の視線も窓へ向き勝ちなので、大変圧迫感を感じます。また、日差しを遮って部屋が暗くなってしまいます。奥に向かって背の高い順に並べていくのがコツです。
    そして家具と壁面、家具と家具との間は、少しあけて風通しを良くしましょう。あまり密着させると、 家具の表面がすれて塗装がはがれることがありカビの原因となることもあります。

    ● いつも向いている方向に時計やカレンダーを置くと便利。
    テレビの置き具合などによって、生活習慣のなかで、最も多く向いている方向が決まり勝ちです。その方向を考え、時計やカレンダーを置くと何かと便利です。

    ● ダイニング・テーブルは、座った場合できるだけキッチンが見えない配置に。
    ダイニング・キッチンが一体造りのお部屋の場合は、できるだけキッチン部分が座った人の視界から外れるように、ダイニング・テーブルは、直角に置きましょう。

    ● 通路となる部分にものは置かないようにしましょう。 
    せっかくのいいレイアウトも通路の部分に物が置いてあると、バランスが悪く見えます。
    すっきりさせるためにも、押し入れ等にしまいましょう。

    ● 家具や冷蔵庫は、できるだけ西日の当たる場所は避けて。
     *長い間、西陽が当たっていると、変色や故障の原因となります。また、冷蔵庫は、できるだけ陰に設置した方がよいです。

    引越しの挨拶

    現状として単身者は挨拶する方の割合はかなり減っています。特に都心部になればなるほど挨拶の割合が減っているようです。
    実際に挨拶しなくてもいいの?と思う方もいらっしゃると思いますが、女性の場合ですと、自分が一人で住んでいることを知らせることにもなるのでしないほうが良いですね。
    ただし、大家さんや管理人さんがマンションにいる場合は一言声をかけておいた方がよさそうです。

    家族で引越しされる場合は挨拶はしておいたほうが良いです。
    挨拶の範囲はマンション、アパートでは両隣りと上下の4世帯に挨拶しておけばよいでしょう。

    一戸建ての場合は場所にもよりますが、自分の家の周りをかこむところに挨拶にいくのが好ましいです。
    挨拶には家族全員でいくと顔も覚えてもらえ早くなじめます。
    持っていくものは高価なものは避けて、普段使える日常的なもの(洗剤、石鹸、タオル、お菓子)などを用意していくのが一般的です。

    引越し時のゴミの処理

    ◆粗大ゴミは早めに手続をしておこう

    ●粗大ゴミの定義
    粗大ゴミとは、20リットルの灯油ポリタンク以上の大きさのもの、また1辺もしくは長さが50cm以上の大きさのものをいいます。
    対象となりそうなものがある場合は、実際にメジャーで測ってみて、粗大ゴミかどうか判断しましょう。

    ●粗大ゴミの廃棄申込方法
    まずは、居住地の市区町村にある「粗大ごみ受付センター」へ電話をして、住所・世帯主名・電話番号・品目名を申請します。
    すると収集日が指定されますので、指定日の朝8時までに、粗大ゴミの表示・品目名・受付番号を書いた紙を貼って、指定された場所へ出しましょう。
    なお、粗大ごみ受付センターの受付時間は、平日の午前9時~午後4時までとなっており、1世帯当たり月に1回3点まで捨てることができます。

    不用品の早めの処理

    ●家電リサイクル法
    テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンなどの大型家電製品については、粗大ゴミとして処理することができません。
    これは、2001年4月から家電リサイクル法が施行され、不要になった「ブラウン管型テレビ、電気洗濯機・電気冷蔵庫・エアコン」の4品目を廃棄する際は「買い替えをする小売店」「以前購入した小売店」で引き取ってもらうことになっているからです。
    大型家電の引取り料金は、各小売店および廃家電受付センターなどによって異なります。
    支払方法としては、小売業者を通して支払うか、あるいは郵便局で振り込む方法が選べます。郵便局でリサイクル料金を振り込む場合は、別途振込手数料が必要となります。

    ●不用品買い取り業者を利用
    もし近くにリサイクルショップがある場合は、遠慮せずに連絡してみましょう。
    家電も製造年代によっては買い取り、もしくは無料で引き取りしてくれる場合があります。 また最近では、引越業者が不用品の引き取りサービスをオプションとして提供している場合が多いので、引越会社に依頼する場合は見積りの時点で相談してみましょう。

    ●オークションを利用
    インターネットのオークションサイトを利用して、格安で売ってしまうという手もあります。
    その場合は、環境や廃棄コストも考えて無料で出品し、もらってくれる人が見つかるだけでありがたい、という気持ちでいることが大切です。

    ●住んでいる地域の掲示板を利用
    市区町村の役所のロビーに、よくリサイクル情報コーナーが設置されている場合がありますので、「ゆずります」のコーナーに不用品情報を載せてみましょう。
    その他にも大型スーパーや電気店、銀行、郵便局などにも同様の掲示板を設けている場合がありますので、有効に活用しましょう。

    引越し時のゴミの処理方法

    解約手数料に関して

    箇条書きで書くと、

    ・当日に解約又は延期を申し入れた場合

    見積書に記載した運賃の20%以内

    ・前日に解約又は延期を申し入れた場合

    見積書に記載した運賃の10%以内

    ・前々日の解約又は延期を申し入れた場合

    キャンセル料などは無料。

    これは標準約款に記載されています。
    ここでの注意点は引越しをしなくなっただけではなく、引越しの日時を延期した場合にも適用されます。

    他には先に渡されているサービス品の段ボールやガムテープなどは返却、もしくは実費での買い上げとなっています。

    手付金、申込金はいらない。

    引越し会社には基本的に定められた事項があり、標準引越運送約款(ひょうじゅんひっこしうんそうやっかん)というものがある。

    引越し会社の中には手付金と称して先に代金を請求してくる場合があるが、これは約款によると内金、手付金は請求しません。となっている。
    つまり、手付金、申込金などの請求は払う必要がないのです。

    (注)ただし、発送地又は到着地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします。

    こういった場合もあるのでその辺りをよく確認してください。

    単身と家族では引越しを頼む会社を変えた方が良い。

    このタイトルは100%言い切れるものではないが、ほとんどのケースに置いて当てはまる場合がある。
    さまざまな角度から引越し見積もりをとってみればわかるが、引越し業者にはそれぞれ得意な引越しの分野がある。

    もしくはそれを売りにしているプランなどがあったりする。
    中には単身専門の引越しを扱っていたり、オフィス専門の引越しばかりをやっている会社もある。

    自分の要望と引越し業者の得意なものがマッチするところを見つけるのが良いでしょう。

    知り合いに頼む引越しの罠

    よく引越しを自分で行う方がいらっしゃいます。
    そして友人や、部下などに引越しのお手伝いを頼むことがあります。

    ここに大きな罠が。
    実は素人がする引越しは非常に動きが悪く、持っている荷物を傷つける可能性があります。
    また養生もしず、保証もありません。

    もし知り合いの方が自分自身のために引越しを手伝ってくれて傷つけられても文句はなかなかいいにくいですよね。
    さらに心づけなんかを渡した場合、金額にもよりますが、これは意外にも合計金額は引越し会社の方が安くつくことも多いですね!

    ということで、引越しをする時は、先に引越しの見積もりがいくらかかるか調べてから自分で行うか引越し会社に頼むかが良いでしょう。