ブログカレンダー

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近のコメント

    プロフィール

    株式会社レコメンド
    会社設立2009年10月6日

    2009年11月 引越し見積もりガイド運用開始

    引越し業者のサービス

    引越しを頼む際に料金以外に考えなければいけないのがサービスです。
    料金が安く行えることにはこしたことはないのですが、オプションが高すぎては意味がありません。

    * ガムテープ
    * ダンボール
    * ハンガーボックス
    * ふとん袋:
    * ダンボール引取り
    * 家具移動サービス

    これらを無料でやってくれるところもあれば有料のところもあります。よく注意しておきましょう。
    無料だけではなくエアコンの脱着作業等を安くやってくれるところなどもあります。

    引越しの見積もり料金の値切り方

    今までは色々な引越し屋さんの状況に合わせて、引越し料金を安くする方法を紹介してきました。
    では、さらに安くしたい場合はどうするか?

    まず引越し一括見積もりをとります。
    ここまでは普通なのですが、何社かに訪問見積もりにきてもらいましょう。

    そこで各、引越し会社さんが営業をしてくるのですが、他の引越し会社さんと比較していることを伝え、引越し会社さんに他より安くしてほしい営業をします。

    これは引越しだけに限らず、どの業界でも比較されたサービスが他社より劣るのは非常に苦しいものです。
    一番安い方法は自分で獲得することです。

    料金の相場

    大体の目安になりますので料金の相場は日取り、曜日、内容によって変わります。
    また作業員の数、トラックの台数、部屋の大きさによっても異なります。
    あまりにも高い場合などに注意してみてみましょう。

    近距離の場合
    ひとり暮らしで荷物が少なめの場合
    25,000円~40,000円
    夫婦で荷物が少ない場合
    35,000~50,000円
    夫婦+子供2名で荷物が少ない場合
    60,000円~120,000円

    中・長距離の場合(関東から関西 500kmにて試算)

    ひとり暮らしで荷物が少なめの場合
    120,000円~200,000円
    夫婦で荷物が少ない場合
    150、000円~250,000円
    夫婦+子供2名で荷物が少ない場合
    180,000円~300,000円

    引越し 見積もり 相場は比較すればもっと安くなることも十分あります!
    一度引越し見積もりを取ることをお勧めします!

    引越しをできるだけ安くする方法

    引越しは色々とお金がかかったりするものですよね。

    色々ある引越しを安くする方法のうちの一つを紹介します。
    以前のブログにも書きましたが、時期によって料金が変わります。
    さらに休日よりも平日の方が安いのですが、さらに安くする方法として、時間指定をしなければもっと安くなる場合があります。

    これは引越し屋さんによって違いますが、他の便を円滑に回すために、極力時間の指定をしてほしくないことがあります。
    そこで1日のスケジュールを空けておけば引越し料金を抑えれるというわけです。
    後は、自分も引越しのお手伝いをすれば安くなるところもあるので色々と比較してみましょう。
    引越しの見積もりは引越し見積もりガイドで。