ブログカレンダー

2018年9月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近のコメント

    プロフィール

    株式会社レコメンド
    会社設立2009年10月6日

    2009年11月 引越し見積もりガイド運用開始

    転居先でのレイアウト

    まず絶対に最初に確認しておきたいことは、転居先の電気コンセント、テレビ配線口、電話線差し込み口の位置チェックすることです。

    コンセントの近くに家電をおく場合、配線ケーブルや延長コードも最初に用意しておくとよいでしょう。
    部屋の見取り図などがあれば作業もスムーズに行えます。

    ● 窓側には、できるだけ背の低い家具を。
    窓側に背の高い家具があると、人の視線も窓へ向き勝ちなので、大変圧迫感を感じます。また、日差しを遮って部屋が暗くなってしまいます。奥に向かって背の高い順に並べていくのがコツです。
    そして家具と壁面、家具と家具との間は、少しあけて風通しを良くしましょう。あまり密着させると、 家具の表面がすれて塗装がはがれることがありカビの原因となることもあります。

    ● いつも向いている方向に時計やカレンダーを置くと便利。
    テレビの置き具合などによって、生活習慣のなかで、最も多く向いている方向が決まり勝ちです。その方向を考え、時計やカレンダーを置くと何かと便利です。

    ● ダイニング・テーブルは、座った場合できるだけキッチンが見えない配置に。
    ダイニング・キッチンが一体造りのお部屋の場合は、できるだけキッチン部分が座った人の視界から外れるように、ダイニング・テーブルは、直角に置きましょう。

    ● 通路となる部分にものは置かないようにしましょう。 
    せっかくのいいレイアウトも通路の部分に物が置いてあると、バランスが悪く見えます。
    すっきりさせるためにも、押し入れ等にしまいましょう。

    ● 家具や冷蔵庫は、できるだけ西日の当たる場所は避けて。
     *長い間、西陽が当たっていると、変色や故障の原因となります。また、冷蔵庫は、できるだけ陰に設置した方がよいです。

    Leave a Reply

     

     

     

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>